学生・社会人

【体験談】退職代行を使って新卒入社半年で会社を辞めた話

 

もう限界、仕事が辛くて辞めたい

きっとこの記事を見ている皆さんはこんなふうに考えているのではないでしょうか。

しかし、上司に辞めるのは言いづらいとか新卒でいきなり辞めるのは怖いという思いもあるでしょう。

特に退職の原因が上司のパワハラとかだった場合は尚更言えないですよね。

 

しかし今の時代、退職代行という手があります。

退職代行とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

でも、「退職代行って本当に辞められるの?」「使うの不安」と思う方がほとんどだと思います。

そんな疑問を今回は実際に退職代行を使って会社を辞めた私が詳しく答えていきたいと思います。

退職代行を考えている方はぜひ最後までご覧ください。

新卒社員が辞めるのは珍しくない

出典:東洋経済

「新卒なのに辞めるのはマズいんじゃないか」と思っている新入社員の方は多いと思いますが、実際のデータで見ると3年の間に30%以上の新卒が辞めています。

その中には新卒で入った会社をすぐに辞めている人も含まれていますので、そもそも新卒で入った会社をすぐに辞めることは珍しいことでもありません。

私も新卒の会社を半年ですぐに辞めています。

もし、あなたが周りの目を気にして退職できない状態ならそれは間違っています。

今の時代、新卒で会社を辞めることは普通にあります。

退職代行を使うべき人

会社を退職するときは上司に報告をして、そこから引き継ぎや挨拶をして辞めるのが一般的です。

退職代行ではそういった流れを無視して辞めることになるので、会社の人に心配や迷惑をかける可能性があります。

退職代行は最後の手段として使うことをおすすめします。

しかし、今から話す人たちはすぐにでも使ったほうがいいです。

パワハラにあっている人

上司や職場の人からのパワハラで辞めたい人は今すぐに使うことをおすすめします。

まず、パワハラをするような人に退職したいと伝えるのは厳しいですよね。

パワハラのある会社があなたを簡単に辞めさせてくれるかどうかもわかりません。

そんな時は迷わず退職代行に頼るべきです。

あなたの健康の方が会社よりも大事ですからね。

労働基準法が守られていない会社にいる人

残業しても残業代が出ない、土日も仕事をさせられる、長時間労働を平気で容認。

いわゆるブラック企業にいる人も退職代行をおすすめします。

コンプライアンスが低い会社は退職するときに退職金が出ないとか、代わりがいないから辞めることはできないなどのトラブルが極めて起こりやすいです。

このような対処を1人でするのは大変ですし、ストレスもたまるかと思います。

おそらくブラック企業の経営者には何を言っても無駄な気もしますし、そんな時こそ退職のプロにお任せるのがいいと思います。

私が利用した退職代行サービス

私は弁護士法人みやびを利用しました。

現役弁護士が退職代行をしてくれるので、他のサービスと比べ安心して任せることができます。

弁護士法人みやびのここがスゴイ!

・即日退職が可能!
・退職率100%
・LINEやメールで24時間対応
・残業代・退職金の請求もできる!

特に残業代・退職金の請求は弁護士ではないとできないので、ブラック企業で残業が支払われなかったり、退職金がもらえないかもしれないと不安な方には特におすすめです!

まずはLINEで無料相談から始めましょう!

「弁護士法人みやび」公式サイト

実際の手続き

LINEで相談

まずはラインにて問い合わせをします。

するとすぐに上記のようなメッセージが届きます。

指示に従い基本情報を入力した後、弁護士と電話面談の時間をセッティングしてもらい、電話にて相談、質問をしました。

初めての退職代行でしたので、すぐに申し込みではなく一度弁護士と面談ができるのは本当にありがたいです。

電話で不明点を解消したり、不安ごとをぶつけてみると安心します。

この後もライン等でいつでもやりとりができるので、まさに退職までフルサポートでした!

書類記入とお金の振り込み

電話面談が終わり、退職代行を申し込むことが確定すると契約書と支払いの案内がLINEで届きます。

契約書は必要事項を記入してFAX、支払いは銀行振り込みですぐに完了です。

近くのコンビニですぐに終わりますね!

また、退職にあたり下記のようなことも質問されるのでLINEで返信すればOKです。

・勤務地
・勤続年数
・会社の電話番号とFAX
・有給の有無
・上司の名前
・就業規則

私は土曜に申込んで、退職希望日が月曜日という結構タイトな申込でしたが

迅速に対応いただきました。

退職代行実施

当日は特に何もすることはありません。

会社からの電話やメールに反応せずに、担当者からの連絡を待つのみ。

私の場合は9時半ごろに退職を伝えたとの電話が担当者から来て、今後の対応等をお話ししました。

その後、退職に必要な書類が担当者を通して私に送られるのでそれらを記入して、担当者に提出します。

私の場合は有給が残っていたので、有給をちゃんと全て消化してから書類等が送られてきました。

退職代行を使ったのに有給も使えるのはありがたい、、

退職完了

担当者から書類を記入し、貸与品含め、会社のものを郵送で送ったら退職完了です。

退職が完了するまでの間、会社と連絡を取ることは一度もありませんでした。

あれだけ不安だった退職代行ですが、使ってみたら簡単に退職ができてびっくりしました。

絶対に会社とは関わりたくない人にとって退職代行は本当におすすめです。

まずはLINEで無料相談から始めましょう!

「弁護士法人みやび」公式サイト

退職代行のメリット

即日退社が可能である

一度辞めると決断すると仕事のモチベーションってなくなりますよね

しかし、通常は退職届を出してから1ヶ月くらいは引き継ぎなどで会社に出社しなければなりません

退職代行を使えばそんな事をせずに即退社が可能です!

もう次の転職先が決まっていたり、ブラック企業すぎて今すぐ辞めたい人にはおすすめです。

会社や上司と関わらず退職できる

会社が嫌すぎる、上司の顔も見るのも嫌だという人は退職することを直接伝えるのはきついですよね

特に新卒で退職となると尚更です。

退職代行を使えば会社と連絡を取ることはありません。

もう二度と会社に関わりたくないという人は退職代行を使いましょう。

精神的にもずっと楽だと思います。

退職代行のデメリット

費用が高い

退職代行の相場は3〜5万円ほどです。

※弁護士法人みやびは5万5,000円です。

退職するだけならお金はかからないはずなのに退職代行を使うとかなり費用がかかってしまいます

新卒だと相当な痛手ですよね。

だからこそ、退職代行を使う際には慎重に検討したいところです。

仲のよい同期や先輩とも疎遠になる

退職代行を使うと、本人による退職前の挨拶もないまま、いきなり会社を辞めます。

仲のよい同期やお世話になった先輩と退職後に良好な関係を築けるかは難しいかもしれません。

もし、これからも関係を続けて行きたい人が社内にいるのなら退職代行の利用は考えたほうがいいかもしれません。

おすすめ退職代行サービス

私が今回利用したのは弁護士法人みやびでしたが、他にも退職代行サービスは数多くあります。

サービス名料金特徴実績
弁護士法人みやび55,000円弁護士が直接担当
退職金・未払い残業代の交渉可
退職率成功率100%
退職代行サービスのNEXT30,000円弁護士監修の退職代行
値段もリーズナブル
退職成功率
100%
低費用で確実な退職代行【退職代行ガーディアン】29,800円法適合の労働組合で
確実性◎
退職成功率
100%
女性の退職代行【わたしNEXT】29,800円女性向け退職代行
転職サポート有
退職成功率
100%

どのサービスもメディアに多数掲載されており、実績もバッチリです。

退職成功率も全て100%ですので、自分に合ったサービスや担当者がいるところに頼むのがいいと思います。

しかし、金額交渉等をする場合は弁護士法人みやびがおすすめ!

弁護士でないと残業代の交渉や退職金の請求はできません。

気になるサービスがあればクリックして、実際に相談をしてみましょう!

まとめ:実際に退職代行を使ってみたけど後悔してる?

結論から言うと私は使って本当に良かったなって思いました。

心が軽くなりましたし、転職活動もすぐに行うことができました。

退職代行と聞くと悪い噂や本当にやめられるかどうか不安になる気持ちもわかりますが、しっかりと自分で調べて見極めればやめられないことはあり得ません。

どうしても退職届を出すことができない、会社にも行くことができないのなら退職代行をぜひ検討してみてください。

ということで今回の記事はここまで。

ではでは〜


ABOUT ME
nonli
平成生まれの平凡サラリーマンです。 サラリーマンの悩み、語学、読書など自分が普段感じたこと、好きなことをのんびりと書いています。 Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。