勉強

【勉強嫌いは損です】大学生が勉強が好きになる方法を教えます【勉強しないと後悔するかも】

 
アイコン名を入力

大学生のうちに遊びまくるぞー!!

大学生になった皆さんはきっとこんな風に思っているのではないでしょうか。

今回の記事では、大学生が勉強をする気になる方法を教えます。

勉強が嫌いだとか、勉強よりも遊びたいという大学生にぴったりの記事ですので、ぜひ最後までご覧ください。

大学生は勉強するだけで周りよりも差をつけられる

そもそも大学生が1週間にどれくらい勉強しているか知っていますか。

国立教育政策研究所の調査によると

「大学1~2年生の平均勉強時間は2時間」

「大学3~4年生の平均勉強時間は4時間」

これはあくまでも平均ですから、実際はもっと勉強していないでしょう。

つまり、大学生は勉強さえすれば周りよりも差をつけられるというわけです。

社会人になると勉強する時間が少なくなる

社会人になったら勉強すればいい。

そう考えている大学生も少なくないでしょう。

しかし、社会人は大学生と比べ全く時間がありません。

私も本業が忙しくて、勉強する時間が取れないことはよくあります。

休日にまとめて勉強しようとするも、疲れて集中できないことだって少なくありません。

だからこそ、大学生のうちに勉強すべきなんです。

勉強を好きになる方法

自分の好きな分野を見つける

勉強というと、参考書を片手にテストに向けてガリガリとやるイメージを持っている人が多いと思いますが、勉強というのはそうではありません。

例えば旅行先で歴史的建造物を見ること、美術館で芸術を楽しむこと、料理が上手くなりたいからレシピ本を読むこと。

これら全て勉強です。

勉強が嫌いな人はきっとテスト勉強のような退屈なものを勉強と捉えてしまっています。

しかし、自分の好きなことを極めるために学ぶことだって勉強です。

きっとあなたにも好きなこと、趣味があると思います。

まずは自分の好きなことを勉強してみましょう。

驚くほど勉強が捗り、楽しくなるのが実感できますよ。

将来稼げそうな勉強をする

勉強を続けるには大きなモチベーションが絶対に必要です。

その中で稼げるというのはきっと大きなモチベーションの一つではないでしょうか。

大学生の皆さんも日々お金を稼ぐためアルバイトをしていますよね。

大学生の中にはすでにユーチューブやブログなどでサラリーマン以上の稼ぎを作っている人も少なくはありません。

プログラミングや英語の勉強をして、年収の高い会社に入るのも稼ぐ方法の一つです。

どちらにしろお金を稼ぐには勉強は絶対に必要です。

大学生のうちから稼げるための勉強をすることはきっとあなたのモチベーションになり、実際に稼げるようになればもっと勉強するようになりますよ。

勉強したものをアウトプットする

ただ机に向かって勉強するだけじゃ勉強は絶対に好きになれません。

スポーツでも料理でも何でもそうですが、結局自分の体と頭を使ってみて初めて効果が現れます。

だからこそ、勉強したら必ずアウトプットをする習慣をつけましょう。

SNSやブログで情報発信、友達に話す、仕事で使ってみる等、方法はいくらでもあります。

自分が頑張った成果が現れればモチベーションも上がります。

さらに

勉強で得た知識を発信して誰かの役に立ったら、あなたは感謝されます。

周りからすごい!とかありがとう!と言われたら勉強してよかったなあと思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大学生は勉強が嫌いな人が多いです。

でも、それはただ勉強の本質を理解していないだけだと思います。

勉強は自分の好奇心を満たし、自分の夢や希望を叶え、そして誰かを助けるためのものです。

最初は難しいかもしれませんが、少しづつでもいいので自分の好きなことから勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
nonli
平成生まれの平凡サラリーマンです。 サラリーマンの悩み、語学、読書など自分が普段感じたこと、好きなことをのんびりと書いています。 Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。