勉強

【悲惨の末路になるかも・・・】サラリーマンが勉強しない原因と5つの対策

 

日本の社会人は先進国の中で一番勉強しない。

YouTubeやネット、書籍など色々なところで耳にしてきました。

そんなに勉強してないの?

「平成28年社会生活基本調査結果」(総務省統計局)によると社会人の一日平均勉強時間はなんと6分だそうです。

平均ってことは実際は全く勉強しない人がほとんどってことだよね・・・

確かに私の周りでもプライベートや休日は一切勉強しない人が多い気がします。

しかし、今後社会人は勉強しないと将来困るどころか、悲惨な末路を辿ってしまうかもしれません。

そこで本記事では「社会人が勉強しない理由」「対策」についてお話ししていきたいと思います。

毎日勉強をコツコツ続けているサラリーマンの観点からお話をいたします。

日本の社会人が勉強しない3つの理由

時間がない

日本の社会人はとにかく忙しいです。

私も平日は朝から晩まで働き、時に残業もあるので勉強したくてもする時間が取れないことは何度も経験しています。

人によっては毎日深夜まで仕事をしていたり、休日出勤がある場合も・・・

無理やり時間を作って勉強すると体を壊すかもしれません・・・

いくら勉強が大事だとわかっていても仕事が忙しすぎるのでは、勉強できないのも無理はないかもしれませんね。

勉強しても成果が出るとは限らない

勉強はすぐに結果が出るものではありません。

どんなに勉強しても給料が上がるとは限りませんし、仕事でうまく行くとは限りません。

どうせ結果が出ないなら勉強は時間の無駄だよ・・・

こう思うのも無理はないかもしれませんね。

危機感がない

我々社会人はとりあえず会社で働いていれば給料がもらえます。

一生懸命やろうがサボりながらだろうが給料にそこまで大きな差はありません。

つまり、勉強しなくても普通に生活ができるのが現状です。

別にしなくても人生で困ったりすることもあまりないでしょう。

会社で働いていればとりあえず大丈夫!

このように勉強しないとヤバいと言う危機感のなさも勉強をしない理由の一つでしょう

これからの社会人が勉強すべき3つの理由

終身雇用、年功序列の崩壊

2020年にトヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用の維持は難しい」と発言したことは耳に新しいと思います。

日本を代表するトヨタ自動車でさえ終身雇用が厳しいと言われるこれからの社会で果たして本当に勉強しなくても大丈夫なのでしょうか。

  • ジョブ型雇用
  • 退職勧告
  • 成果主義

このような言葉が台頭する今の社会では、年功序列は通用しなくなりつつあります。

このまま勉強しないと将来リストラの恐れも・・・

本気であなたが将来に不安を感じているのであれば勉強すべきでしょう。

テクノロジーの発展

ここ最近のテクノロジーの発展も私たち社会人は無視できません。

  • レジ→セルフレジ
  • 買い物→ネットショッピング
  • 受付→チャットbotやロボット
  • 本屋→Kindle
  • 銀行口座→ネットバンク

このように今まで人の手が必要だった仕事が機会に替わっている例は山ほどあります。

そして、この流れはこれからも止まることはありません。

私も現在は営業をやっていますが、いつ仕事が無くなるのかわかりません。

特別優秀な営業マンでもないので不安です・・・

やはり、万が一に備えてスキルを付けたり、資格の勉強をすることは重要だと言えるでしょう。

 

グローバル化

近い将来ますますグローバル化が進み、日本で働く外国人が増えるでしょう。

企業としても安く優秀な人材が取れるのなら、積極的に採用するようになると思います。

外国人は英語も堪能ですし、優秀な人が多いです。

私がアメリカに滞在した時に出会った人たちもとても優秀でした

さらにハングリー精神の多い方が多いので、遠慮しているとどんどん仕事を奪われてしまいます。

これからは日本だけでなく世界の人材と競争になります。

自分は関係ないと思わずに今のうちから備えておいた方がいいでしょう。

 

社会人が勉強するために行う対策

ここからは忙しい社会人が勉強するために行う対策を紹介します。

勉強したくてもする余裕がない人は参考にしてみてくださいね

具体的な対策方法は5つです

  • 朝勉強する
  • 通勤時間を利用する
  • 動画を利用する
  • 外で勉強する
  • 転職する

では、細かくみていきましょう。

朝勉強する

平日は残業や仕事疲れで勉強できない・・・

多くの社会人は平日勉強したくても、仕事疲れでできないのが現状です。

無理して勉強しても明日の仕事に影響が出ますし、睡眠時間を削るのも得策とは思いません。

となると、いつもより30分早く起きて朝に勉強することをおすすめします。

朝の時間は雑音も少なく、連絡が来ることも少ないので比較的集中できます。

最近は朝カフェに行って勉強する社会人も増えていますので、ぜひ挑戦してみましょう。

通勤時間を利用する

総務省統計局が行っている、社会生活基本調査によると、日本の平均通勤時間は1時間だそうです。

この時間を勉強に使うだけでサラリーマンの平均勉強時間である6分は余裕で達成できます

ただ電車に揺られるだけじゃもったいないですね

本の要約サービスflierフライヤーを使った読書であれば、一冊10分で本の要約が読めるので忙しい通勤時間でも勉強することができおすすめです!

本の要約サービスflierフライヤー

動画を利用する

仕事終わりに机に向かって勉強はキツすぎる・・・

このような人は動画を利用しましょう。

今はYouTubeにて無料で質の良い学習ができます。

色々な専門家が学習チャンネルを上げているので使わない手はないですね。

私も最近はずっとYoutubeを利用して勉強していますね

外で勉強する

私は勉強すると決めたら必ず外にでます。

家はベッドがあったり、テレビ、漫画など誘惑が多いです。

仕事終わりにベッドに入っちゃうともう動けません・・・

仕事終わりにカフェで時間を決めて勉強したり、有料の自習室を利用して勉強した方が捗るでしょう。

転職する

平日も休日も仕事が忙しくて勉強する時間がない・・・

このような方は思い切って環境を変えるのもおすすめです。

長時間労働は自己研鑽する余裕もなくなるほか、健康にもよくありません。

今の仕事にやりがいを感じていたり、将来役に立つスキルが身につくのであればいいですが、そうじゃない場合は転職をおすすめします。

転職活動だけであれば、今すぐにでも始められますので、まずは転職サイトに登録・エージェントに相談から始めましょう。

転職サイトはリクナビNEXTがおすすめです!

まずは他の企業を見て、今の会社と比べるのが大事です。

当ブログでおすすめしているエージェントは

です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これからの社会で生き残るために勉強は必要不可欠になります。

しかし、焦る必要はありません。

なぜなら実際に勉強している人はまだまだ少ないからです。

毎日勉強している人はほんの一握りでしょう。

だからこそ、今のうちから勉強して、周りより一歩先に進みましょう!

本ブログが皆様のお役に少しでも立てれば嬉しいです。

ではでは〜

ABOUT ME
nonli
平成生まれの平凡サラリーマンです。 サラリーマンの悩み、語学、読書など自分が普段感じたこと、好きなことをのんびりと書いています。 Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。