英語学習

留学で英語を話せるようになるためにすべきこと5選【1年間海外でインターンをした私が解説】

これから1年間留学予定だけど、英語話せるようになるかなあ……

1年間くらい海外にいたら流石にペラペラじゃないの?

将来的に留学を考えている/これから留学に行く学生にとって一番気になることって、実際に英語が話せるようになるかどうかですよね。

私も英語を話せるようになるために、海外インターンに行ったので、気持ちはすごくわかります。

結論から言うと、1年以上の長期留学であれば英語を話せるようになることは可能です。

ペラペラとまではいかないまでも、海外で住むには問題ないくらいの英語力はつくよ!

ただ、それはあなたがしっかりと英語を勉強する前提です。

本記事ではアメリカで1年間インターンをした私が留学で英語を話せるようになるためにすべきこと5選をお話しします。

留学に行けば英語がペラペラは嘘

1年くらい留学に行けば英語は話せるんじゃないの?

結論から言うと、これは迷信です。

確かに海外の環境にいれば英語に慣れ親しむことはできます。

しかし

  • 日本人同士でずっと一緒にいる
  • 学校以外の時間は全く英語の勉強をしない

このような状態では英語を話せるようには絶対になりません。

実際に英語が全く上達せずに帰国をしている人も山ほどいるよ

これから留学に行く人は、留学中でも常に勉強を続けるようにしましょう!

留学で英語を話せるようになるためにすべきこと

留学で英語を話せるようになるためにすべきことは5つです。

英語ができるようになるためにすべきこと
  • 毎日英語を聞く
  • 現地の友達を作る
  • ライティング
  • 発音を学ぶ
  • シャドーイング

では、詳しくみていきましょう。

毎日英語を聞く

留学に行ったら毎日英語聞くし、大丈夫じゃないの?

確かに海外に行けば英語を毎日聞くことになりますが、意識せずに聞くだけでは英語は上達しません。

大学での授業だけでなく、日常生活から意識してリスニングをするようにしましょう。

リスニング勉強には洋画や海外ドラマがオススメ!

洋画や海外ドラマを見るならU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTなら映画、ドラマ、アニメなど180,000本以上の動画が月2,189円で見放題です!

英語学習の定番「フレンズ」や話題の海外ドラマ、流行りの洋画など、あなたが見たい作品をいつでも見ることができます!

今なら31日間無料で利用することができるので、まずは試してみましょう!

\\今なら31日間無料!!//

現地の友達を作る

留学で英語を上達させたいなら、現地の友達を作るのが一番手っ取り早いです!

  • メッセージのやり取り
  • 日常会話
  • 電話

などなど、現地の友達とやり取りをすれば確実に英語は上手くなります。

留学に行くのなら、留学先の大学や趣味繋がりで友達を作るのがオススメ!

私はインターン先の人たちと仲良くなって、ランチに行ったり、遊びに行ったりしたよ!

現地の友達を作るのがハードル高いって方はSNSを通じて、メッセージや電話等でやり取りをするのもオススメです!

現地の人と繋がりたいなら、HelloTalkが超おすすめです。

▶︎【英会話チャットアプリ】Hellotalkを使った効率的な勉強法を使用歴1年の元留学生が教えます

ライティング

英語を話すのにライティング力って必要なの?

英語上達においてライティングスキルは非常に重要です。

誰でも最初は英語を話す前に頭の中で英文を組み立ててから、英語を話します。

この時にライティングな苦手な人は、英文を組み立てるのに時間がかかってしまいます。

試しに自分が考えていることを英語で書いてみよう!

意外と難しいことがわかると思います……

留学前からライティングは訓練できるので、ぜひ挑戦してみてください!

発音を学ぶ

「発音なんか関係ない、とにかく話すことが大事!」

私が海外インターンに行く前、周りからよく言われたセリフです。

私が実際に1年間海外インターンをして思ったのが、これは半分正解で半分不正解でした。

なぜそう思ったかというと発音を学ばない大きなデメリットが2つあるからです。

発音を学ばないデメリット
  • 英語が伝わらない
  • 英語が聞き取れない

発音が悪くて、何回も聞き返されることは本当によくあります。

私の場合は、インターンシップで働いていたので、発音のせいでコミュニケーションが取れない経験を何度もしました。

自分の英語が伝わらないと自信がなくなって、英語を話すのが怖くなるよね……

さらに、英語のリスニングにも影響があります。

なぜなら、自分のできない発音は聞き取れないからです。

発音を矯正するには時間がかかりますが、留学で大きく役立つので勉強しましょう。

シャドーイング

英語上達にはシャドーイングが有効です。

「シャドーイング(Shadowing)」は、英語を聞きながらそれを真似して発音する通訳訓練法のことです。英文を聞き終えてから繰り返す「リピート」とは異なり、シャドーイングは、聞こえてくる英文のすぐ後ろを影(shadow)のように追いかけるのがポイントです。

出典:サイマル・アカデミー

シャドーイングのメリットは3つ

  • 発音の向上
  • 英語のリズム・読み方の習得
  • リスニング力の向上

シャドーイングは正しい発音と正しい英語のリズム・読み方でやらないと、英語についていけません。

最初は難しいけど、継続することで、だんだんとできるようになるよ!

ちなみにシャドーイングの教材として一番良いのが海外ドラマです。

「フレンズ」のような日常系のドラマがオススメだよ!

日常系のドラマには、実践で使える英語が盛りだくさんなので、英語の練習には最適です。

実際にドラマを見ながら、感情を込めて、セリフを真似するとさらにいいですね!

海外ドラマを見るならU-NEXTがおすすめです!

\\今なら31日間無料!!//

まとめ|留学中こそ本気で英語の勉強をしよう!

それでは本記事をまとめていきます。

留学で英語を話せるようになるためにすべきことは5つ!

英語ができるようになるためにすべきこと
  • 毎日英語を聞く
  • 現地の友達を作る
  • ライティング
  • 発音を学ぶ
  • シャドーイング

留学に行けば英語が話せるようになると思われがちですが、実際はそんな甘くありません。

留学中こそ本気で勉強をしないと、英語が話せずに留学を終えてしまうこともあります

これから留学を予定している学生は、留学前はもちろん、留学中もしっかりと勉強をするように意識しておきましょうね!

ABOUT ME
nonli
大学生の時に海外インターンと就活を両立経験あり。 就活を控えた学生が留学時にやっておくべきことをブログにて発信します! Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。