勉強

【朝活】社会人が勉強する時間は朝がおすすめな理由と早起きのコツ

 
アイコン名を入力

仕事後に勉強したいけど、いつも疲れて寝てしまう•••

このような悩みを抱えている社会人は多いかと思います。

私もかつて仕事後に勉強をしようと頑張っていましたが、何度も失敗し、挫折しました。

しかし、朝勉強するスタイルに変えてからは毎日1時間以上勉強する時間が取れています。

本記事では社会人が朝勉強をするメリットと早起きのコツを私の実体験を交え解説していきます。

勉強が習慣化できていない社会人の方にとって有益な記事ですので、ぜひ最後までご覧ください。

朝は最も脳が効率良く働く時間帯

「朝は記憶のゴールデンタイムだから朝勉強しなさい」

私が受験生だった時、先生によく言われていた言葉です。

皆さんも朝勉強した方が集中できるとか、定着しやすいみたいなことは聞いたことがあるかもしれません。

実は単なる迷信ではなく、脳科学的にも朝の勉強が良いことは証明されています。

脳科学者の茂木健一郎氏は朝の勉強についてこう語っています。

睡眠をとることで、記憶が整理され長期記憶へと変わります。すると朝の脳は前日の記憶がリセットされるため、新しい記憶を収納したり、創造性を発揮することに適した状態になります。この脳の仕組みが、朝の時間がゴールデンタイムだと言われる理由です

PHP Online 衆知 The21 脳科学者が勧める「朝時間」の使い方より引用

脳が整理された状態の朝が勉強するのに適した一番の時間帯なんですね。

だからこそ、朝勉強をする価値があります。

社会人が朝勉強をするメリット

社会人が朝に勉強をするメリットは3つあります。

朝勉強のメリット
  • 時間を決めて勉強できる
  • 仕事・プライベートの連絡が来ない
  • 習慣化しやすい

では詳しく解説してきます。

時間を決めて勉強できる

朝は出社時間が決まっているおかげで時間を決めて集中して勉強ができます。

時間を決めて勉強することはかなり効果的です。

時間を決めて勉強するメリット
  • タイムリミットがあるため緊張感を持って勉強できる
  • ダラダラしない
  • 一点集中できる

出社時間までという制限時間は普段の勉強より倍以上の集中力をもたらしてくれるでしょう。

実際にやってみるとあまりに集中できてびっくりしますよ。

仕事・プライベートの連絡が来ない

仕事が終わり退社しても、取引先からの連絡や友人から誘いが来ることありますよね。

せっかく早く退社しても友人と飲みに行ったりすることあります。

朝であれば仕事の連絡は緊急じゃない限り出社してからチェックすればいいですし、プライベートの誘いはまず来ることはないでしょう。

LINEの通知やSNSは勉強の大敵です。スマホを見ながら勉強しても見に入りません。

タイムロッキングコンテナを使えばスマホの触りすぎを防ぐことができますが、緊急の連絡が来るかもしれないからと不安になる人も多いかと思います。

だからこスマホを見る機会が少ない朝に勉強することをおすすめします。

習慣化しやすい

「インキュベートの法則」という習慣化の法則をご存知でしょうか?

インキュベートの法則とは物事を21日間継続すると、それが習慣化するという法則。

夜だと残業や飲み会、プライベートの予定で勉強を継続するのは難しい。

しかし、朝であれば早起きさえできれば継続することが可能です。

仮に起きることに失敗しても通勤時間を利用すれば勉強できますし、夜勉強するよりは確実に習慣化できる確率がグンと高まります。

Audibleなら移動中や作業中にも聴くだけで読書ができます。

Audibleとは40万冊以上の様々なジャンルの書籍を俳優や女優、プロの声優が朗読してくれるサービスです。

通勤時間や家事をしながら本を楽しめるのでサラリーマンや主婦に大人気なんです!

今なら30日無料体験できるのでAudibleの使い勝手を体験してみるといいでしょう。

Audibleの無料体験をする

社会人ができる「早起き」のコツ

朝勉強のメリットはわかったけど、早起きできるかわからない•••

朝起きるのが苦手な人多いですよね。

ここでは私が実際にやっている早起きの「コツ」を3つ紹介します。

早起きのコツ
  • 前日はすぐに寝る
  • 朝日を浴びる
  • 勉強場所を外にする

では、詳しく解説していきます。

前日はすぐに寝る

早起きをするには睡眠時間の確保が必要です。

仕事が終わって明日の支度が済んだ時点ですぐに寝るようにしましょう。

今日はまだ時間があるからと勉強したり、他のことをするのはNGです。

夜は寝る、朝は勉強する生活リズムを体に染みつけましょう。

朝日を浴びる

朝日を浴びると、眠りを誘う「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌が止まり、体が活動的になります。

寝る前にカーテンを開けておいて朝日を浴びるように調整しておくといいでしょう。

カーテンを開けて寝るのはちょっと•••という方はYIHAIの目覚ましライトがおすすめです。

目覚ましライトのココがすごい!
  • 太陽光のような明暗を再現
  • 20段階の明るさ調整機能付き
  • 光だけでなく自然音が出るアラーム付き(ラジオ機能もあります)

目覚ましの音で起きるのはきついと思う人はぜひ試してみてください。

朝が弱い友達や家族のプレゼントとしても喜ばれると思いますよ!

勉強場所を外にする

朝勉強を自宅でやるのはおすすめしません。

寝床が近くにあると二度寝のリスクがありますし、誘惑も多いので集中できないからです。

職場近くのカフェなどで勉強することをおすすめします。

外で勉強するメリット
  • 一人で勉強に集中できる
  • 外に出る動機付けになる
  • リラックスした状態で勉強にできる

カフェであれば朝早くから空いている所も多く、WiFiがあり、コーヒーや朝ごはんを食べながら作業できるので勉強には最適です。

また、外に出ることで日の光を浴びることもでき、目も醒めるでしょう。

私も職場の近くのカフェで出社時間のギリギリまで勉強をしています。

まとめ:勉強したい社会人は朝型になろう

いかがでしたでしょうか。

今回は朝勉強のメリットと早起きのコツについて解説しました。

社会人が勉強を継続するのは簡単なことではありません。

しかし、コツコツと勉強を積み重ねることはあなたの人生を豊かにしてくれます。

ぜひ今回紹介したコツを実践して1時間でも多く朝の勉強に取り組んでいただければと思います。

今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ではでは〜

ABOUT ME
nonli
平成生まれの平凡サラリーマンです。 サラリーマンの悩み、語学、読書など自分が普段感じたこと、好きなことをのんびりと書いています。 Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。