学生・社会人

大学受験の失敗を引きずっている大学生は人生終わらないから安心して【大学で頑張れば取り返せます】

 

大学受験は合格か不合格かのどちらかしかありません。

どんなに頑張っても必ず受かるとは限らないのが受験の残酷のところですよね。

大学受験に失敗すると多くの人が人生が終わったという感覚に陥ると思います。

 

私も大学受験に失敗し、ひどく落ち込み、失敗を引きずりながら大学に入学しました。

 

しかし、社会人になって2年目、振り返ってみると大学受験の失敗は大したことなかったと今は思います。

今日は大学受験に失敗し、引きずっている大学生に向けた記事です。

大学受験に失敗して人生終わったと考えている方はぜひ最後までご覧ください。

大学受験に失敗したくらいで人生は終わりませんよ。

大学受験失敗はなぜあなたを苦しめるの?

学歴が決まってしまうから

大学受験の失敗で人生終わったと感じる人の大半の原因が学歴だと思います。

有名大学・偏差値の高い大学を目指し、努力してきたのに結果は不合格で滑り止めの大学に行くことになったらこれから先の人生不安になりますよね。

特に日本は学歴社会。有名な大学の方が就職に有利。

こんなことを考えると人生終わったと考えてしまうのも無理はないかもしれません。

努力は報われないという現実を叩きつけられるから

受験勉強をしてきた人はみんな努力しています。

ただ、受験って本当に残酷でどんなに頑張っても落ちる時は落ちるんですよね。

私も受験生の時は落ちまくったので気持ちすごくわかります。

受験に失敗するとどんなに頑張っても元から頭いい人には敵わないんだとか、結局才能なのかなと思うようになってしまいます。

努力が報われない瞬間は本当に辛いですよね。

周りへの劣等感

友達は受かったのに自分だけ落ちた。

なんであいつが受かって私が落ちるんだ。悔しい。

同じクラスメイトや塾の友達など自分に近い人たちが目の前で成功し、自分だけが失敗する。

大学受験に失敗した人は同じような経験をしたのではないでしょうか。

自分だけ落ちたという劣等感は本当に辛いです。

私も大学受験に失敗した時、一番仲の良い友達が第一志望に受かった聞いて少し落ち込みました。

大学受験に失敗すると自分だけが不幸だと思いがちになりますよね。

大学で頑張れば取り返せる

大学は卒業まで4年間という長い期間があります。

皆さんが受験勉強をした期間は平均して1年だとすると、4倍もの時間が大学にあるです。

つまり、その4年間を上手く使えば十分に受験の失敗は取り返せます。

資格を取ったり、留学をしたり、ブログやYouTubeを初めて稼ぐ力を身につけたりと

あなたが4年間でできることは山ほどあるはずです。

幸いなことに大学生でちゃんと勉強している人はほとんどいません。

受験失敗という大きな挫折を経験したあなただからこそ、大学でその悔しさを晴らしましょう。

大事なのは社会に出てから

大学に進学した皆さんはいずれ就活をし、社会人になります。

この先長い人生を社会人として過ごすでしょう。

つまり、大事なのは大学に入学することより、社会に出てどう生きるかなのです。

どんなに良い大学に進学しても社会に出てうまくいかなかった人は大勢います。

社会人になると時間も余裕も学生の時に比べ減ってしまい、ストレスも溜まる。

私も含め、多く社会人は受験の失敗なんて気に留めていません。

むしろ大学生の時にたくさん勉強すべきだったとか、好きなことを見つけるべきだったと考えている人の方が多いです。

受験の失敗を引きずっている時間は実はすごく勿体無いことで、本来はすぐにでも勉強や趣味に没頭すべきなんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大学受験に失敗することはこの世の終わりかのように苦しいですよね。

 

でも、大丈夫です。

 

大学受験の失敗は長い人生で見たらかすり傷のようなもの。

大事なのはこれからの未来です。

受験に失敗したあなたは挫折を経験しました。

しかし、その挫折は大学での原動力となり、あなたならきっと勉強や努力を惜しまないはずです。

 

まずは受験での疲れを癒してから、未来に向かって一歩前に進みましょう。

ABOUT ME
nonli
平成生まれの平凡サラリーマンです。 サラリーマンの悩み、語学、読書など自分が普段感じたこと、好きなことをのんびりと書いています。 Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。