雑記

【要約】『転職と副業のかけ算』~生き残りをかけた現代サラリーマンの転職術~

 

本日はmotoさん(@moto_recruit)の著書『転職と副業のかけ算』の要約と感想を書いていきます。

motoさんを知らない人のために簡単に紹介すると、本業で計4回の転職を成功させ年収1000万超えのサラリーマンかつ副業で転職アンテナという転職メディアを運営し、ツイッターフォロワー10万人越えのインフルエンサーでもあります。

ちなみに副業収入は年4000万以上だそうです、、、

そんな転職と副業のスペシャリストであるmotoさんの転職に対する考え方について深く踏み込んでいきたいと思います。

令和を生きる私たちサラリーマンにとって転職はもはや必須条件になりつつあります。

『転職と副業のかけ算』は間違いなくサラリーマンにとって必読の書となるでしょう。

   

なぜ転職すべきなのか

そもそも、私たちはなぜ転職を考えなければならないのでしょうか。

別に新卒から入った会社で定年まで勤め上げる生き方だってあるじゃないか。

そんな考えに対して本書では「これからの時代は、会社も組織も自分のキャリアを保証してくれません」と明確に記しています。

終身雇用の崩壊、早期退職勧告などこれからの時代「個人で稼ぐ力」がない人は生き残ることが難しくなります。

一つの会社で活躍できる人材ではなく、どこでも活躍できる人材や一人で稼げる人材がこれからは重宝されるでしょう。

「自分はいつだって転職できる」「どんな環境でも、自分でお金を稼げる」「給料以外に収入がある」という状態を実現していくことが「本当の安定」に繋がります。一つの会社に依存して働き続けるよりも、複数の会社で経験を積み、自分の市場価値を伸ばしていくことは、一つの防衛策なのです。

出典:『転職と副業のかけ算』著者moto

市場価値を上げる3つのキャリア設計

私たちは令和時代を生き抜くために市場価値の高い人材を目指さなければなりません。

では、具体的にどうすれば市場価値の高い人材になれるのか。

本書では私たちサラリーマンが市場価値を高めるには3通りの道筋があると言及しています。

①「出世によるキャリア」

1つ目は「今の会社で出世して役員を目指す」という王道のキャリアルートです。

しかし、出世でキャリアップを目指すには会社を渡り歩く政治力や同僚との出世競争に勝ち抜き続けなければなりません。

今の時代だと優秀な転職組も途中参加してくるので、より社内における実績と実力が必要になります。

一つの会社にずっと居続けるリスクもありますので、難しい面もありますが、最も身近なキャリアアップの道筋でしょう。

②「職種のスペシャリストになるキャリア」

2つ目は業界はこだわらず、自分の職種に軸を置いて、どんな会社でも活躍できる「横断的なスキル」を高めていくキャリアルートです。

著者であるmotoさんはこのルートで市場価値を上げることに成功しています。

motoさんは営業スキルを高め、年収の高い業界に役職をつけて転職することで大きく年収を増やしています。

営業にかぎらずマーケティングや会計など、汎用性の高いスキルのスペシャリストはどこの企業も欲しいはずです。

motoさんも言及していますが、このルートが最もキャリアアップしやすい方法だと思います

③「業界のスペシャリストになるキャリア」

3つ目は、一貫して同じ業界内を動くことで、その業界の知識や知見を誰よりも有することで「業界のプロ」として名前を上げていくルートです

「◯◯業界の◯◯のことなら誰々さんに聞こう」というポジションをとってさえしまえば、あなたは業界になくてはならない存在になれます。

そうなれば、より年収が高いところからオファーが来たり、面白い仕事が舞い込んでくるでしょう。

年収を上げる軸ずらし転職

motoさんは年収240万のホームセンターから4度の転職を経て、年収を1000万まで上昇させています。

この転職を可能にしたのが、年収の高い業界や職種に軸をずらす「軸ずらし転職」という方法なんです。

年収は「職種×業界」で決まる

実は私たちの年収というのは職種と業界で決まっています。

例えば金融業界の営業マンの平均年収が800万に対し、小売業界の営業マンの平均年収が400万という感じです。

つまり、転職で年収を上げるには「業界」「職種」のどちらかの軸を「年収の高い業界」または「年収の高い職種」にずらすのが一番の近道です。

年収の高い業界に行くべき

業界は特に年収に大きく影響します。

なので、本書では業界を変える軸ずらしを推奨しています。

例えば、商社、コンサル、金融などです。

実際に年収の上がり幅は同業同職種への転職よりも大きく増やすことが可能です。

私自身も現在は教育業界で営業をしていますが、年収の低い業界ですので、次の転職では軸ずらし転職で年収アップを狙うことも検討しています。

もし、年収を上げることに関心度が高い方は非常にお勧めの転職方法です。

ただ、年収だけが全てではありませんので、自分の目的と照らし合わせて慎重に考えましょう。

まとめ:まずは本業で成果を上げよ

本書でmotoさんが一番伝えたいこと。

それは転職しようでも副業しようでもなく、まずは本業で成果を上げよです。

motoさんは本業での実績を生かし、転職を成功させ、副業でその知見を生かし成功しています。

転職や副業を考えることは大事ですが、まずは目の前のことに全力で取り組むことの大事さを本書は改めて気づかせてくれました。

私もまだまだ社会人2年目で大した実績も挙げられていませんので、まずは成果を上げることに集中して今後も仕事に取り組んでいきたいと思います。

本書は転職の方法だけでなくエージェントの使い方や副業のやり方、motoさんの経歴、仕事術などが余すことなく書かれておりめちゃくちゃ勉強になる良書です。

全てのサラリーマンに読んでほしい本ですので、興味がありましたらぜひ読んでみてくださいね!

   
ABOUT ME
nonli
平成生まれの平凡サラリーマンです。 サラリーマンの悩み、語学、読書など自分が普段感じたこと、好きなことをのんびりと書いています。 Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。