英語・海外

【最適解】語学留学で英語が伸びる人の特徴と大事な心得【元海外インターンシップ生が解説】

 
  • 英語が得意な人、伸びる人の特徴が知りたい
  • 将来的に留学を考えている
  • 英語が話せるようになりたい

本記事はこのような方におすすめです。

 
  • これから英語を勉強を始める
  • 将来的に留学に行きたい

このような人は「英語が話せるようになりたい!」と考えているはずです。

特に留学を目指している人は英語ができないまま日本に帰国してしまうのではないかと一度は不安に思ったことはあるのではないでしょうか。

私は大学4年時に大学を休学し、1年間アメリカでインターンをしました。

様々な留学生に出会う中で英語が伸びる人には共通の特徴があると気づいたんです。

今日は留学で英語が伸びる人の特徴を皆さまにご紹介します。

簡単に今すぐ真似できる特徴ばかりですので、ぜひ今日から実践しましょう。

英語が伸びる人の特徴

英語が伸びる人の特徴は大きく分けて5つです。

  • 完璧を目指さない
  • 努力家
  • 素直である
  • 自己主張が強い
  • 目標が明確

では、細かく見ていきましょう。

完璧を目指さない

英語の上達が早い人は拙い英語でもとにかく相手に伝えようと積極的に話します。

逆に英語が伸びない人は「完璧な英語」を意識するあまり、消極的になってしまい、結局話せずに終わるなんてことが多いような気がします。

実際のところ、完璧な英語を話さずとも会話に支障はありません。

英語は使えば使うほど上手くなります。

もし相手に伝わらなかったり、発音が違ったりしても直せばいいんです。

英語を本気で伸ばしたいならまずは「話す」ことに注力すべきです。

英語は話さなきゃ始まらない!

努力家

アイコン名を入力

英語が伸びる人は元から才能があるんだよ。。。

英語ができる人に対して、このように思う人は多いです。

しかし、それは大きな勘違いです。

英語が伸びる人はとても努力家で意識が高い人が多いです。

学校以外でも英語を話す機会を作ったり、勉強したり、学校の先生に質問しに行ったりと努力を怠りません。

英語に限らず学びに貪欲な人は上達するのが早いですよね。

学びに貪欲になるべし!

素直である

素直な人は英語の上達が非常に早いです。

  • わからないことを聞く
  • 指摘されたらすぐに直す
  • 上手い人の真似をする

基本的なことですが、意外とできていない人が多いのではないでしょうか。

アイコン名を入力

自分の下手くそな英語を聞かれたくない、、、

アイコン名を入力

いちいち自分の英語を指摘されるのは嫌だ!

このように恥ずかしい気持ちや変なプライドは英語上達を妨げます。

最初から英語が完璧に話せる人はいません。

恥やプライドを捨てて、周りの声に耳を傾け、ひたむきに英語を勉強することが上達への一番の近道です。

素直さこそ上達への近道!

自己主張が強い

英語が伸びる人は自己主張が強く、物怖じせずに自分の意見を言うことができます。

留学先の人たちは日本と違い、物事をはっきりと言う人がほとんどです。

そんな彼らと一緒に勉強したり、ディスカッションをする際に遠慮して自分の意見を言えないと話す機会を失ってしまいます。

日本であれば誰かが気を遣って話す機会を与えてくれるかもしれませんが、海外ではそうはいきません。

英語は話さないと伸びません。最初は怖いかもしれませんが、勇気を振り絞って自分の意見を主張できるようになりましょう。

今のうちから自分の意見を伝える訓練が大事!

※今のうちに海外の方と話す訓練を積みたい方は「Hellotalk」というチャットアプリがおすすめです!
 他の記事で詳しく書いておりますのでぜひご参考に!

目標が明確な人

英語が伸びる人は目標が明確です。

  • 英語が必要な企業に就職する
  • 将来海外で働きたい
  • TOEICで800点以上取る
  • 外国人の彼女を作る

このように目標が明確だと、自分は留学先でどのような勉強をすべきか、どのレベルまで英語を使えるようにならないといけないのかがはっきりします。

また、目標があると勉強へのモチベーションも上がるので途中で挫折する心配もありません。

「英語が話せるようになりたい」と留学に行く人は多いですが、これだけだと少し弱いです。

ぜひその先の目標まで立ててみましょう。

目標は具体的に立てるべし!

耳が良い人は英語の上達が早いかも?

皆さんの周りに声真似が上手い人やカラオケが上手い人はいますでしょうか。

声真似、カラオケが上手い人は聞いた音を正確に理解して自分でその音を発音することができます。

英語は日本語と違って抑揚やリズムがあり、リスニングや発音は苦戦を強いられます。

その点に関しては正確に音を聞き分けて発音することができる耳が良い人はかなりアドバンテージだと思います。

英語が全く話せないのに洋楽を上手く歌える人なんかはその典型例でしょう。

根拠はありませんが、もしかすると英語やその他語学の成長スピードは早いかもしれませんね。

留学は事前学習で決まる

ここまで留学で英語が伸びる人の特徴を紹介してきましたが、留学先で英語を伸ばすために最も大事なのは事前準備です。

「留学の成功は事前学習で決まる!」

といっても過言ではないくらい大事です。

事前準備が大事な理由は2つ

  • 英語力ゼロで留学は厳しい
  • 自分の実力がわかる

英語力ゼロで留学は厳しい

アイコン名を入力

どうせ留学したら嫌でも英語を話すし、事前準備なんていらないでしょ

こう考えている人は留学先で痛い目を見ることになります。

ネイティブの英語は自分が思っている以上にずっと早いので、練習を積んでおかないと聞き取れません。

また、自分の伝えたいことを英語で話すと言うのも訓練をしないと意外と話せないものです。

以上のことから事前学習をした人としていない人の間では英語習得速度に大きく差がつきます。

留学先が決まったら最低限の英会話とリスニングは絶対に事前学習を忘れずに行いましょう。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)では1回最短3分から!
通勤時間や就寝前などのスキマ時間で学習ができるので忙しい学生さんや社会人に大人気のアプリです!

なんと今、全ての機能が7日間無料でお試し可能ですので興味があれば一度体験をしてみましょう!

\\無料体験の申し込みはこちら//

スタディサプリEnglish 新日常英会話セットプラン

自分の実力がわかる

留学に行く前に事前学習をしておくことで自分の英語レベルが明確になります。

自分の英語力がどのくらいか知っていれば、留学先でどのような勉強をすべきか、自分に足りないものは何かと色々と計画を立てることができます。

事前学習をすることで勉強する癖がつき、留学先でも勉強を怠りにくいのも大きなメリットです。

留学に行く前にTOEICや英検など、スコアが出る試験を受けることをおすすめします。

留学前と後でどれくらい自分の英語力が伸びたのか楽しみになりますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今日の記事をまとめると留学で英語が伸びる人の特徴は5つ

  1. 完璧を目指さない
  2. 努力家
  3. 素直である
  4. 自己主張が強い
  5. 目標が明確

今からでも実践できるものばかりですので、これから英語をさらに伸ばしたい人はぜひ試してみてください。

そして、留学に行く前に必ず事前学習を忘れずにやりましょう。

海外で学ぶことは一生の経験になります。留学が決まって安心するのではなく、先を見据えて準備をしましょうね。

では、これからも引き続き英語学習頑張っていきましょう!

ABOUT ME
nonli
平成生まれの平凡サラリーマンです。 サラリーマンの悩み、語学、読書など自分が普段感じたこと、好きなことをのんびりと書いています。 Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。