勉強

【効果絶大】大学生が読書を習慣化すべき5つの理由

 

大学生の皆さん!読書をしていますか?

 

全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)の「第58回学生生活実態調査」によると半数近くの大学生が全く本を読まないことがわかっています。

 

確かに多くの大学生は読書なんかよりも遊んだり、バイトしてお金を稼ぎたいと思うのが普通かもしれません。

しかし、読書をしないのはあまりにももったいないです。

もしあなたが現役大学生で今日から読書を習慣化すれば数年後大きなメリットを享受することができるでしょう。

今日は大学生が読書を習慣化すべき理由をお話ししたいと思います。

※今から読書を始めるならkindle unlimited楽天Kobo電子書籍ストアがお勧めです!

大学生が読書を習慣化するメリット

周りとの差がつく

多くの大学生は将来的には就職活動を行い、いずれは社会人になります。

先ほど冒頭で全大学生の半数は全く読書をしないというデータが出ていたのを覚えていますでしょうか。

これ裏を返すと読書をするだけですでに上位50%以上になれると言うことです。

もしあなたが読書を習慣化すれば、さらに上位層になれることは間違いありません。

大学4年間多くの本を読んだ人と全く本を読まなかった人の教養の差は相当なものです。

知識が増える

読書をすると今まで出会ったことのない言葉や経験に触れる機会があります。

その機会に出会う度に私たちは調べ、考えて私たちの知識として蓄えていきます。

こうして本を読めば読むほどあなたの知識の量は増えていきます。

本で得た知識が仕事や日常生活、また日々のコミュニケーションで役に立つことは非常に多いです。

大学4年間しっかりと読書をすればあなたの知識量は相当なものになるでしょう。

将来の選択肢が広がる

大学生の時期は誰でも将来のことについて考えたり、時に不安になったりすることも多くなります。

そんな時に役に立つのが読書です。

読書は様々な職業の人がどんな人生を歩んできたのかを学べるツールです。

もし、将来特にやりたいことが無くても、本をきっかけにやりたいことが見つかるかもしれません。

また、将来やりたいことが決まっている人も読書をすることで多くの人の考え方や人生に触れることにより他にやりたいことが見つかる可能性もあります。

将来の可能性や選択肢を大学生のうちに広げることは非常に重要です。

自分で考える癖がつく

「自分で考える」と言うことは社会に出て最も重要なスキルです。

言われたことをやることは誰でもできます。

しかし、自分で考えて仕事を創り出したり、効率的に仕事を終わらせるためにアイデアを出すと言う力は普段から自分で考える癖がついていないとできません。

また、何かトラブルが起きた時に自分で考えることができないとうまく対処することができません。

読書は書いてある内容を自分なりに考えて、友達と議論したり、ブログに発信することで知識のアウトプットができます。

また、著者が考えている事柄に対して自分ならこうするだろうといった形で思考力を鍛えることができるのも読書の良いところですね。

ポイントはただ読むだけではなく、常に自分の意見を考えながら読むことです。

読書を著者との対話だと思ってやってみると思考力は着実についていきます。

社会にでて役に立つ知識が学べる

私たちは義務教育を受けてきたのにもかかわらず、保険、税金、投資、経済など現代で必要な知識は一切学んでいません。

その結果、社会に出るともっと社会に役に立つことを勉強しておけばよかったと後悔する人がたくさんいます。

特にお金の勉強は若いうちに勉強しておいた方が良いです。

知識の差は貧富の差と言われるくらいお金の知識の有無は将来に関わってきます。

私がおすすめする本は「本当の自由を手に入れるお金の大学」です。

この本の著者である両学長という方は普段からお金にまつわる基礎教養を発信している登録者100万人超えのYouTuber兼経営者です。

私も普段からYouTubeを拝見しているのですが、正直このYouTubeだけで十分お金の知識がついてしまうくらいの物凄いコンテンツです。

「本当の自由を手に入れるお金の大学」はそんな両学長のYouTubeを一冊にまとめて総集編ですので、
お金の勉強を始めたての人であれば間違いなくおすすめの一冊です。

 

まとめ:読書は最強の自己投資

いかがでしたでしょうか。

大学生のうちに自己投資をすることは非常に大事です。

しかし、中には高額なオンランサロンに入ったり、セミナーに行っている大学生もいます。

何もしないよりはマシだとは思いますが、果たしてそれは本当にお金をかけただけの効果が出ているのでしょうか。

私は全くそう思いません。

そんなことにお金を使うくらいなら数千円かけて本を一冊買う方がよっぽど効果があります。

たった数千円、飲み会を一回我慢するだけで経営者の考え方が学べたり、他の人の人生経験や知識を吸収できるのは読書しかありません。

ぜひ大学生の皆さんは今日から読書に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 
ABOUT ME
nonli
平成生まれの平凡サラリーマンです。 サラリーマンの悩み、語学、読書など自分が普段感じたこと、好きなことをのんびりと書いています。 Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。