読書

【要約】漫画版『バビロンの大富豪の教え』~古代から伝わる資産形成の大原則~

 

本書は1926年にアメリカで出版された『The Richest Man In Babylon』を漫画化し、分かりやすくしたものです。

古代バビロニアを舞台に資産形成の原理原則が学べるこの物語は今もなお多くの人に愛されています。

今日は現代人の資産形成の教科書とも言える本書の中に出てきた大富豪の7つの教をお伝えします。

 

\\漫画版//

 

\\原作//

 

プロローグ:金に動かされる現代人

物語は元大学教授で考古学者でもある大場拓也と大企業の社長近藤武とのやりとりから始まります。

近藤はイラクの古代遺跡バビロニアで発掘した粘土版を考古学者の大場に解読してほしいと頼み込みます。

しかし、職を失い、借金を背負い、ついには妻と子に逃げられている大場は全く乗り気ではありません。

ただ、その粘土版には近藤曰く『富を得るための真理が記されている』と記されているようです。

それを聞くと大場は元の生活を取り戻すため、渋々解読に取り掛かります。

そして、古代バビロニアの物語がスタートします。

バビロンの大富豪の教え 要約

本書は先ほどプロローグで出てきた粘土版に記されている物語が元になっています。

概要としては貧乏人の武器商人の息子バンシルがバビロンの大富豪アルカドに教えを乞い、苦難を乗り越えながら大富豪になるそんな物語です。

 

バンシルは道を歩くとお金持ちな人と貧乏な人がいることにいつも疑問を抱いていました。

皆んなが歩く道は平等なのに、なぜ貧富の差があるのだろうか。

お金持ちと貧乏の差は何か

 

どうしても納得できないバンシルはバビロンの大富豪アルカドに尋ねます。

「どうすればお金持ちになれるの?」

 

アルカドはこう答えます。

「お金持ちというのは『お金の増やし方を知っているもの』だ」

こうして、バンシルは大富豪になるためにアルカドに教えを施してもらいます。

その教えが黄金を増やす7つの道具です。

黄金を増やす7つの道具

①収入の十分の一を貯金せよ

アルカドはまずバンシルに貯金の大切さについて教えます。

籠の中に毎朝10個の卵を入れ、毎夕そこから9個の卵を取り出す。いずれ籠は卵であふれ帰るだろう。

出典:漫画「バビロンの大富豪の教え」

収入の十分の一を貯金すれば、お金はいずれどんどん貯まるはずだとアルカドは卵の例を出し、説明します。

私たちの給料がもし手取り20万だとしたら、2万円を毎月貯金に回すことになります。

サラリーマンの平均生涯年収は2~3億円ですので、もし十分の一を貯金し続けれることができれば、老後2,000万問題は解決します。

私もこれは実践していますが、最初から収入の十分の一は無いものとして生活しているので、全く苦じゃありません。

これは皆さんも今すぐ実践して欲しいです。

②欲望には優先順位をつけよ

次にアルカドは収入の十分の一を貯金した後は、残りの十分の九で叶えられない欲望を諦めろと言います。

人間の欲望というものはどれだけお金を使おうが際限なく溢れ出るものなのだよ

出典:漫画「バビロンの大富豪の教え」

結局私たちはどんなにお金を持っていても、さらにお金を欲しくなってしまう生き物です。

それならいっそ最初から使う量を制限してしまえば、自分が本当に必要なもの、やりたいことにお金を使えるように自分をコントロールすることができます。

欲望に優先度をつけることで、自分がいかに今まで無駄遣いをしていたのかに気づくきっかけにもなります。

③貯えた金を働かせよ

これは現代で言う「投資」のことを表しています。

いくら貯金しても預金利息は0.01%ほどで、もはや貯金するだけでは資産は増えません。

だからこそ、投資をする必要があります。

本書では「賢明な投資先」として外国株式のインデックスファンドを紹介しています。

私も積立NISAを利用して米国株と全世界株のインデックスファンドを購入して、愚直に資産を積み上げています。

④危険や天敵から金を厳守せよ

大きく儲けようとあり金全てを差し出すのは愚か者のすることだ

出典:出典:漫画「バビロンの大富豪の教え」

世の中にあり得ないほど多くの怪しい儲け話が飛び交っています。

「〜するだけで簡単に稼げる!」と言う謳い文句は皆さんもよくご覧になったことはあるのではないでしょうか。

このような言葉に騙されないようにアルカドは2つの忠告をします。

・「元金を守ること」
・「自分の感覚に頼らず、必ずその道い長けた人に相談すること」

自分の資産が増えるとさらに増やしたくなるでしょう。

しかし、そのような人を狙いお金を騙しとる詐欺師は多くいます。

自分が知らないことには手を出さず、迷ったら必ず詳しい人に相談をして、自分の資産を厳守しましょう。

⑤より良きところに住め

アルカドが言う良きところとは広くて安い借家に住めということではありません。

・職場から近い家
・子供が遊ぶ公園が近くにある家
・治安が良く安心して住める家

自分が幸せだと感じる住居に住むことが重要だということです。

家は私たちの生活に大きく関わってくるものですので、しっかりと考えて決めたいですね。

⑥今日から未来の生活に備えよ

人生は何が起こるかわかりません。

自分は大丈夫だと思っていても、突然病気になったり、事故に遭ってしまったり、不景気でリストラになり仕事がなくなる可能性だってあります。

突然の不幸に遭っても大丈夫なように今から資産形成をするべきだとアルカドは言います。

未来の自分を救うのは今日からの準備です。

時間は巻き戻せませんので、すぐにでも貯蓄、投資を始めましょう。

⑦自分こそを最大の資本にせよ

勝利の女神は行動した人間にこそ微笑む

出典:出典:漫画「バビロンの大富豪の教え」

ここまで黄金を増やす道具6つを紹介しましたが、これを実践するのはごく僅かの人のみです。

だからこそ、最後にアルカドは「行動せよ」という教えを伝えます。

古代と現代、時代は違えど大事なことは変わりませんね。

「やるか」「やらないか」

資産形成を本気でやるのならきっちりと行動していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

黄金を増やす7つの道具はあなたの将来の資産形成に大きく役に立ちます。

果たして、バンシルは大富豪になれるのか、そして粘土版を解読した考古学者の大場は元の生活を取り戻せるのか。

物語の結末を知りたい方はぜひ一度読んでみてください。

   

ABOUT ME
nonli
平成生まれの平凡サラリーマンです。 サラリーマンの悩み、語学、読書など自分が普段感じたこと、好きなことをのんびりと書いています。 Twitterもやっていますので、もしよかったらフォローしてくれるとすごく嬉しいです。